石井直人 東北大学 – 東北大学 東北アジア研究センター

東北大学医学系グローバルCOE(GCOE)「Network Medicine 創生拠点」の 石井 直人 についての情報です。

石井 直人|免疫学分野 教授. 座右の銘は「情けは人のためならず」。今自分のためになるとわからなくとも、全力で誰かのために、免疫メカニズム研究に取り組む石井直人教授に話を伺った。 「世界初」の

東北大学大学院 医学系研究科・医学部

所属 (現在):東北大学,医学系研究科,教授, 研究分野:生物系,免疫学,免疫学,実験病理学,小児科学, キーワード:ox40リガンド,t細胞,サイトカイン,炎症性腸疾患,抗原提示細胞,免疫学,炎症,免疫寛容,間質性肺炎,記憶t細胞, 研究課題数:47, 研究成果数:216, 継続中の課題:炎症サイトカイン受容体

氏名 石井 直人 ISHII Naoto: 所属 大学院医学系研究科・医学部 医科学専攻 病理病態学講座 免疫学分野: 職名 教授: 学位

臨床研究実施部門長挨拶. 臨床研究推進センター臨床研究実施部門は、crc、臨床試験事務局より構成されており、治験を含む臨床試験全般の円滑な実施支援、臨床試験の品質向上を使命としています。

東北大学東北メディカル・メガバンク機構は健康調査を通じてバイオバンクを構築し、遺伝子の研究を発展させて、次世代型医療を創り出そうとしています。活動を通じて東北の復興に貢献したいと考えて

東北大学大学院 医学系研究科・医学部

2016年9月21日 本研究室出身の前田浩先生(崇城大学栄誉教授)がトムソン・ロイター引用栄誉賞 (2016年ノーベル賞予測)を受賞しました。 2016年3月25日 長島宏行君(d3)が平成27年度東北大学総長賞を受賞しました。

教育研修関連病院連携担当:石井 正 卓越大学院担当:中山 啓子 研究企画担当:虫明 元 研究・産学連携担当:宮田 敏男 施設企画担当:清水 律子 施設企画担当:正宗 淳. 東北大学病院長. 冨永 悌二. 東北メディカル・メガバンク機構長. 山本 雅之

石井 誠一 Seiichi ISHII MD, PhD 准教授 資格 医学博士 日本外科学会認定外科医 経歴 1983年 東北大学医学部卒業 1983年 鶴ヶ谷オープン病院(現仙台オープン病院)研修医(外科)

東北大学第一内科は、1916年(大正5年)に初代の熊谷岱蔵先生が東北帝国大学医科大学の第一内科教授に就任されて、2016年に100周年を迎えました。基礎医学教室9教室と臨床医学教室8教室が設置されたうち、臨床8教室の一つとしてスタートしました。

[PDF]

東北大学大学院医学系研究科免疫学分野の石井 直人(いしい なおと)教授 らのグループは、理化学研究所の茂呂 和世(もろ かずよ)博士のグループと 共同で、気管支喘息の原因となる自然リンパ球の活性化を引き起こす新しいメ

東北大学 医学系研究科 教授(2019年度) 推定関連キーワード:Small intestine,autoimmunediseases,CD4+ T cells,シグナル伝達分子(gp130),実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE) 推定分野:臨床系内科学,基礎医学

東北大学大学院医学系研究科免疫学分野の石井 直人教授らのグループは、理化学研究所の茂呂 和世博士のグループと共同で、気管支喘息の原因となる自然リンパ球の活性化を引き起こす新しいメカニズムを

白百合女子大学ホームページ。東京都調布市。2016年4月に人間総合学部を設置し、文学部とあわせ2学部6学科で構成。創立以来、学生一人ひとりの個性を大切にする少人数教育に力を入れ、次世代を生きる知性と感性との調和のとれた女性の育成を目指しています。

東北大学大学院農学研究科 資源環境経済学講座 tohoku unv. graduate school of agriculture department of resource and environmental economics 東北大学大学院農学研究科 資源生物科学専攻資源環境経済学講座/東北大学農学部 生物生産科学科資源環境経済学系

連絡先. 東北大学大学院医学系研究科免疫学 〒980-8575 仙台市青葉区星陵町2-1. TEL 022-717-8096 FAX 022-717-8097 E-mail ishiin(アット)med.tohoku.ac.jp

石井教授が 医学部医学科長 に就任し、医学教育・研究の充実を図っています。 免疫学に興味のある方はお気軽にご相談下さい。 大学院生を大募集しています。本研究室は、教授が医学博士、准教授が薬学博士、助教が理学博士と、多彩な分野から集まった免疫大好き人間が一緒になって研究

東北大学病院臨床研究推進センターの組織とスタッフのご紹介です。 Clinical Research, Innovation and Education Center, Tohoku University Hospital 東北大学病院臨床研究推進センターは、医学系の研究開発をサポートするとともに、基礎研究の成果を臨床の場に実用化する

東北大学医学系研究科長・医学部長より、全国で東北大学を含む10の医学部だけが採用されている「世界で競い合うMD研究者育成プログラム」についてのメッセージをご紹介します。

原子力エネルギーの可能性を、豊かな明日につなげるために。より安全で有益な先進原子力システムのフロンティアへ。

[PDF]

医学部の歴史 1817 仙台藩医学校設置 (養賢堂から独立) 1872 宮城県立医学所設置 1887 第二高等中学校医学部設置 1901 仙台医学専門学校 (魯迅が留学) 1907 東北帝国大学創立 1915 東北帝国大学医科大学設置 研究第一 門戸開放 実学尊重 東北⼤学医学部・旧正⾨

東北大学 東北アジア研究センター(科学技術分野)助教授 (兼)東北大学 文学研究科人間科学専攻科学技術論講座 助教授: 2007年4月: 東北大学東北アジア研究センター 准教授(職階名変更による)

東北大学医学系グローバルCOE(GCOE)「Network Medicine 創生拠点」の事業実施担当者、菅村 和夫についての情報です。

東北大学 血液・免疫病学分野科

ご挨拶. 本研究室は、大正 4 年( 1915 年)に東北帝国大学医科大学設立と同時に設置された細菌学教室を発祥とする研究室で、平成27年(2015年)7月14日に設立百周年を迎えました。 センダイウイルスの発見やサイトカイン共通γ鎖の遺伝子単離など数々の世界的な業績を上げてきた東北大学を

東北大学医学系グローバルCOE(GCOE) 「Network Medicine 創生拠点」の事業実施担当者、高井 俊行についての情報です。

東北大学医学系グローバルCOE(GCOE)「Network Medicine 創生拠点」の事業実施担当者、佐竹 正延についての情報です。

私が指導しているドイツ少年チームも今日から人工芝の上での練習。この時期になると天然芝の状態も悪くなりいつ雪が積もるかもわからないので、今日から2月までは人工芝の予定。

東北大学医学部 平成15年度東北大学医学部奨学賞 金賞 新たな免疫分子OX40リガンドによる免疫制御機構の解明 岸本忠三 ed. 石井直人、村田和子、菅村和夫 (担当:共著, 範囲:OX40-OX40リガンド系と自己免疫, 202-211) 中山書店 2003年10月

学術関係受賞 – 石井 直人 – [2004] 1. 平成15年度宮城県医師会医学奨励賞(2004) 2. 平成15年度東北大学医学部奨学賞 金賞(2004)

1年 濱田 怜輔 大西 一之介 徳永 陸 佐藤 怜 廣田 海斗 高田 朋実 山田 裕貴 山本 凌大 秋元 大輝 小熊 愉 玉田 泰斗 小島 陸

東北大学医学系グローバルCOE(GCOE)「Network Medicine 創生拠点」の事業実施担当者、海野 倫明についての情報です。 石井 直人;

研究者番号 日本の研究.com : 580731 科研費研究者番号 : 30232234 所属 2011年度 (平成23年度) 白百合女子大学 ・文学部・教授 ※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得していま

東北大学学際科学フロンティア研究所 助教 高俊弘(Gao Junhong) 東北大学大学院医学系研究科糖尿病代謝内科学分野 博士大学院生(当時)鈴木亨(すずきとおる) 【共同研究者】 東北大学大学院医学系研究科免疫学分野 教授 石井直人(いしいなおと)

[PDF]

東北大学学際科学フロンティア研究所 助教 高俊弘(Gao Junhong) 東北大学大学院医学系研究科糖尿病代謝内科学分野 博士大学院生(当時)鈴木亨 (すずきとおる) 【共同研究者】 東北大学大学院医学系研究科免疫学分野 教授 石井直人(いしいなおと)

東北大学 大学院 工学研究科 量子エネルギー工学専攻は原子力発電や放射線の利用に関する科学・技術の発展を担う総合工学分野として設立されました。

教授 (東北アジア研究センター) 辻森 樹: 准教授 (東北アジア研究センター) 平野 直人: 助教 (東北アジア研究センター) 東北大学 理学部 地球科学系 オープンキャンパス [同時開催]進学個別相談会

電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」と東北大学が共同で実証実験を開始 〜国内初、大学での電動キックボードの実証実験〜 8/20(火)福島浜通り次世代モビリティセミナーキックオフ会inいわき小名浜 開催のお知らせ

東北大学基金では、寄附者のみなさまのご厚意に対し感謝の意を込めて、ご芳名を掲載し、顕彰させていただきます。 ご芳名の掲載にあたって. お名前の掲載を許可いただいた方々について五十音順にて掲載させていただいております。

東北大学の石井直人教授らのグループは、理化学研究所の茂呂和世博士のグループと共同で、気管支喘息が起こる新たなメカニズムを発見した。 気管支喘息(アレルギー性喘息)は、アレルギー物質(例えばダニ抗原)に対してアレルギーを持っている人が、その抗原(ダニ抗原)を吸い込む

小林周平, 宗孝紀, 石井直人, 大和田祐二 日本解剖学会 第65回東北・北海道連合支部学術集会(9月8日, 酪農学園大学, 江別市) 核内fabp7による核内アセチルcoa代謝の制御機構 香川慶輝, 大和田祐二

2年 小菅 啓太 佐藤 弥 先崎 直人 千馬 第 中山 智嗣 西村 俊郎 立花 興 法井 美空 濱中 聡子 春田 梨那 Member – 東北大学医学部スキー部 Home

東北大学農学(系) 助教: 水圏動物生理学: 拠点機関: 戸田雅子: Masako Toda: 東北大学農学(系) 教授: 食品化学: 拠点機関: 石井直人: Naoto Ishii: 東北大学医学(系) 教授: 免疫学: 協力機関: 押谷 仁: Hitoshi Oshitani: 東北大学医学(系) 教授: 疫学: 協力機関: 菅原

2016年9月21日 本研究室出身の前田浩先生(崇城大学栄誉教授)がトムソン・ロイター引用栄誉賞 (2016年ノーベル賞予測)を受賞しました。 2016年3月25日 長島宏行君(d3)が平成27年度東北大学総長賞を受賞しました。

兄・石井章夫は慶應義塾大学時代に1986年度プロ野球ドラフト会議で横浜大洋ホエールズから2位指名を受けたが、入団を拒否している(その後東京ガスで捕手・監督を務めた)。また、父親の姉の夫は心理学者の小野直広(東北福祉大学 教授

[PDF]

東北大学大学院医学系研究科附属 創薬・探索臨床研究コアセンター 医薬連携で新薬の開発に取り組む 先進感覚器研究コアセンター(新設) 治療法開発研究と次世代人材育成の拠点 免疫科学コアセンター 先進統合腎臓科学コアセンター 腎 臓 病 の 重 症 化

国立大学法人富山大学のウェブサイトです。富山大学の紹介をはじめ、学部、大学院、研究所、センター、各施設等の案内、入試情報、産学官連携情報、キャンパスの最新情報まで、富山大学に関する情報を掲載しています。

東北学院大学大学院 工学研究科では、高度な研究を行うために必要なさまざまな専門教育が行われると同時に、指導教員のもとで各人が独自の研究を行い、研究者・エンジニアとしての能力を実践的に養い

日本学術会議は、我が国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表

張 忻 (2015.3~2016.3 外国人研究者、北京工業大学) 技術補佐員 山下 美千代 (2016.1~2017.2 退職) Suhana Binti MOHD SAID (2017.7~8 客員研究員、マラヤ大学) Cédric Bourgès (2018.1~2019.1 JSPS外国人特別研究員 CRISMAT) 留学生. Milan Valalik (2014.6~8 IAESTEインターンシップ)

東北大学名誉教授: 常任理事: 上月 正博: 東北大学大学院医学系研究科教授: 理 事: 石井 直人: 東北大学大学院医学系研究科教授: 佐藤 和宏: 公益社団法人宮城県医師会会長: 下瀬川 徹: みやぎ県内中核病院企業団企業長: 永井 幸夫: 一般社団法人仙台市医師会

東北大学大学院医学系研究科免疫学分野の石井直人(いしい なおと)教授らのグループは、理化学研究所の茂呂和世(もろ かずよ)博士のグループと共同で、気管支喘息の原因となる自然リンパ球の活性化を引き起こす新しいメカニズムを明らかにしました。

ドイツミュンヘンでのサッカー生活や海外生活ブログです!

所属 (現在):東北大学,高度教養教育・学生支援機構,教授, 研究分野:消化器内科学,消化器内科学,生物系,小区分53010:消化器内科学関連,消化器外科学, キーワード:炎症性腸疾患,潰瘍性大腸炎,クローン病,感受性遺伝子,テロメア,大腸癌,疾患感受性遺伝子,hla,発癌,tnf-α, 研究課題数:25, 研究成果

[総] 東北大学医学部における留年者の原因とアウトカム 過去35年間の卒業生へのアンケート結果.[医学教育,49(Suppl.), (2018), 126]亀岡 淳一, 石井 直人, 内海 衣恵, 石井 誠一, 大野 勲, 加賀谷 豊

学校法人神奈川歯科大学,神奈川歯科大学短期大学部,神奈川歯科大学大学院の情報を掲載しています

第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム(仙台),2006.5.29. 鴨田美緒、猪鼻祐介、山田真一、眞野成康、後藤順一 イオントラップ-tof msによる小分子結合ペプチドの解析 第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム(仙台),2006.5.29.

石井 直人 02/16 更新日: 09/08/04 00:00 . 研究者氏名. 菅村 和夫 . スガムラ カズオ: 所属. 旧所属 東北大学 大学院医学系研究科 医科学専攻