公益法人認定法第5条第17 号 – 公益社団法人認定を目指すための条件

[PDF]

– 1 – Ⅰ 公益法人認定法第5条等について(公益社団法人・公益財団法 人関係) 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(以下「認定法」)、

[PDF]

公益認定基準等について 1. 公益法人認定法第5条等について(公益社団法人・公益財団法人関係) <法人の主たる目的> 1 公益目的事業を行うことを主たる目的とするものであること。 ※ 公益目的事業 (認定法2条4号)

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:行政庁は、前条の認定(以下「公益認定」という。)の申請をした一般社団法人又は一般財団法人が次に掲げる基準に適合すると認めるときは、当該法人について公益認定を

[PDF]

認定法第5条第1号の「主たる目的とするものであること」とは、法人が、認定 法第2条第4号で定義される「公益目的事業」の実施を主たる目的とするというこ とである。定款で定める法人の事業又は目的に根拠がない事業は、公益目的事業と して認められ

[PDF]

公益法人制度における残余財産の処分について 平成29年12月12日 内閣府大臣官房公益法人行政担当室 法律の規定 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成18年法律第49号) 第5条

第二十条 公益法人は、第五条第十三号に規定する報酬等の支給の基準に従って、その理事、監事及び評議員に対する報酬等を支給しなければならない。 2 公益法人は、前項の報酬等の支給の基準を公表しなければならない。

第一条 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律施行令(以下「令」という。 )第一条第七号の法人が事業活動を支配する法人として内閣府令で定めるものは、当該法人が他の法人の財務及び営業又は事業の方針の決定を支配している場合における当該他の法人(以下「子法人」と

お世話になります。 さて、当財団は公益法人なのですが、公益認定法第5条11号では、公益認定基準として、他の同一の団体の理事又は使用人、その他これに準ずる相互に密接な関係にある者の理事の合計数が理事総数の3分の1を超えないこととされています。

医療法第4条の3第1項の規定に 内閣は、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成十八年法律第四十九号)第五条第三号から第五号まで、第十号 、第十一号 、第十二号 ただし書、第十五号ただし書及び第十七号トの規定に基づき、この

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(こうえきしゃだんほうじんおよびこうえきざいだんほうじんのにんていとうにかんするほうりつ、平成18年6月2日法律第49号)は、公益法人の認定等について定めた日本の法律。 所管官庁は、内閣府である。

所管: 内閣府

なお、公益目的事業については、公益法人認定法第5条第6号及び第14条の定め(公益目的事業の収入)から、「赤字事業でなければ認定されない」という誤解があるが、必ず(経常収益)-(経常費用)がマイナスでなければならないということはなく、赤字

(相続税等の負担の不当減少についての判定)
[PDF]

益財団法人の認定等に関する法律(以下「認定法」)における公益目 的事業と同様に判断する。 ⅱ 「ロ」として記載した支出について 当該支出(特定寄附)の相手方が、認定法第5条第17号に掲げる

[PDF]

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関す る法律(平成十八年法律第四十九号) 目次 第一章 総則(第一条―第三条) 第二章 公益法人の認定等 第一節 公益法人の認定(第四条―第十三条) 第二節 公益法人の事業活動等 第一款

公益法人法 第5条について 公益法人法第5条第11号に以下の条文があります。「他の同一の団体(公益法人又はこれに準ずるものとして政令で定めるものを除く。)の理事又は使用人である者その他これに準

Read: 529
照会要旨
[PDF]

公益認定基準等について 1. 公益法人認定法第5条等について(公益社団法人・公益財団法人関係) <法人の主たる目的> 1 公益目的事業を行うことを主たる目的とするものであること。 ※ 公益目的事業 (認定法2条4号)

[PDF]

非営利法人委員会実務指針第34号 公益法人会計基準を適用する公益社団・財団法人及び一般社団・財団法人の 財務諸表に関する監査上の取扱い及び監査報告書の文例 平成22年3月12日 改正 平成24年4月10日 改正 平成25年1月15日 最終改正 平成28年9月27日

[PDF]

2 一般社団・財団法人法第173条第1項において準用する法第65条第1項 第3号に該当する罪刑又は第4号に該当する刑に処せられる可能性のある罪で 起訴されている者 3 公益法人認定法第6条第1号に該当する者 4 公益法人認定法第6条第1号ロに該当する罪刑又はハ

認定法第5条第5号 「投機的な取引を行う事業」について 認定法第5条第6号、第14条 「公益目的事業の収入」について 認定法第5条第7号 「公益目的事業の実施に支障を及ぼすおそれ」について

公益認定を受けたい法人の事業活動を暴力団員等が支配していてはならない 17 第二十九条第一項若しくは第二項の規定による公益認定の取消しの処分を受けた場合又は合併により法 人が消滅する場合(その権利義務を承継する法人が公益法人であるとき

[PDF]

公益法人の認定について (1)公益法人の認定基準 公益法人認定法(第5条)に示す基準(別紙1)に該当する法人 <主な基準・財務3基準> ・収支相償(公益目的事業で、儲けてはいけない) ・公益目的事業比率(事業費・管理費の50%以上)

(3)法人が公益目的で取得した財産に残額がある場合は、これに相当する額の財産を公益認定の取消しの日から1か月以内に、類似の事業を目的とする他の公益法人等に贈与する必要がある(法第5条第17号、第30条第1項)。 ※公益認定の取消し自体は、墓地

公益目的事業については、公益法人認定法第5条第6号及び第14条の定め(公益目的事業の収入)から、「赤字事業でなければ認定されない」という誤解があるが、必ず(経常収益)-(経常費用)がマイナスでなければならないということはなく、赤字事業で

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律施行規則 (平成十九年九月七日内閣府令第六十八号) 最終改正:平成二六年三月三日内閣府令第一三号 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律 (平成十八年法律第四十九号)及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に

アメリカ合衆国第17代大統領は、アンドリュー・ジョンソン。 アメリカ合衆国の17番目の州は、オハイオ州。 殷朝第17代帝は、南庚。 周朝第17代王は、恵王。 第17代ローマ教皇はウルバヌス1世(在位:222年 – 230年 5月25日)である。

素因数分解: 17 (素数)

日本No.1ライブ配信アプリ. 全世界4,200万ユーザー突破! 17 Live(イチナナライブ)はライブ配信を通して、世界中の人たちとつながり、仲良くなることができる次世代アプリ。

公益認定の判断基準と実務/出口正之著公益性判断に関する初の解説書、ついに出版!!「公益認定等ガイドライン」の作成に携わった著者による、認定法・ガイドライン等の趣旨について、当時の内閣府の議事録等を示し、ひと項目、ひと項目、懇切丁寧に解説!!

[PDF]

3 別表の財産は、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第16 号に定める公益目的事業を行うために不可欠な特定の財産とする。 (財産の維持管理及び運用) ③ 独立行政法人通則法第2条第1項に規定する独立行政法人 第17条 評議員

[PDF]

・公益認定法 (1) ・公益認定法施行規則 (7) ・ガイドライン (17) 第十五条 公益法人は、毎事業年度における公益目的事業比率(第一号に掲げる額の同 般社団・財団法人法第百九十九条 において準用する

第38条 この法人が清算をする場合において有する残余財産は、評議員会の決議を経て、国若しくは地方公共団体又は公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第17号に掲げる法人であって租税特別措置法第40条第1項に規定する公益法人等に

第53条 この法人が清算をする場合において有する残余財産は、評議員会の決議を経て、公益法人認定法第5条第17号に掲げる法人又は国若しくは地方公共団体に贈与するものとする。 第11章 事務局 (事務局)

この法人が清算する場合において有する残余財産は、評議員会の決議を経て、国若しくは地方公共団体又は認定法第5条第17項に掲げる法人であって租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第40条1項に規定する公益法人等に該当する法人に贈与するものとする。

[PDF]

下「公益法人認定法」という。)第5条第16 号に定める公益目的事業を行う ために不可欠な特定の財産とする。 (事業年度) 第6条 この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わ る。 (事業計画及び収支予算)

[PDF]

公益目的事業について(ポイント) (注)以下の資料においては、次のとおり略記している。 ・ 認定法:公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成18 年法律第49 号)

認定法第5条第3号 その事業を行うに当たり、社員、評議員、理事、監事、使用人その他の政令で定める当該法人の関係者に対し特別の利益を与えない。

5 第一項の認可を受けて合併により消滅する公益法人の地位を承継する新設法人についての第十八条及び第三十条第二項の規定の適用については、第十八条第一号から第四号までの規定中「公益認定を受けた日」とあるのは「その成立の日」と、同条第五号

(5)その定款に、解散したときは、その残余財産が特定の個人または団体(国・地方公共団体、公益社団法人・公益財団法人もしくは公益認定法第5条17号イからトまでに掲げる法人(*)またはその目的と類似の目的を有する他の一般社団法人・一般財団

第5条 次に掲げる登記等(第四号又は第五号に掲げる登記又は登録にあつては、当該登記等がこれらの号に掲げる登記又は登録に該当するものであることを証する財務省令で定める書類を添付して受けるものに限る。)については、登録免許税を課さない。

[PDF]

① 「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」(平成18年6月2日法律第48号。 以下「認定法」という。)第2条第3号に定めのある公益法人(以下「公益社団・財団法人」 という。

公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律施行令(平成十九年九月七日政令第二百七十六号) 三 一般社団法人にあっては一般社団・財団法人法第二条第二号 の貸借対照表、一般財団法人にあっては同条第三号 の貸借対照表の負債の部に計上

[PDF]

3 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(以下「公益法人認定法」という。) 第5条第16号に定める公益目的 業を行うために不可欠な特定の財産は、別表第1に定めた 「不可欠特定財産」とする。 ( 業年度)

第51条 この法人が解散等により清算をする場合に有する残余財産は、評議員会の決議を経て、類似の事業を目的とする他の公益法人、国若しくは地方公共団体又は認定法第5条第17号に掲げる法人であって租税特別措置法第40条第1項に規定する公益法人等に

第44条 この法人が清算をする場合において有する残余財産は、評議員会の決議を経て、国若しくは地方公共団体又は認定法第5条第17号に掲げる法人であって租税特別措置法第40条第1項に規定する公益法人等に該当する法人に贈与するものとする。

認定を受けようとする方は,試験等要件と経験要件を満たした段階で,認定申請書及びその添付書類を法務大臣に提出して申請し,審査を受ける必要があります(法5条の2第1項)。

認定法人等の書類の提出義務(法第49条第4項、第51条第5項、第62条、法規第27条、第28条) イ 認定又は特例認定の通知を受けた認定法人又は特例認定法人で東京都以外の道府県の区域内にその他の事務所を設置する特定非営利活動法人は、遅滞なく、次に掲げる書類をその事務所が所在する道

産業高度化・事業革新措置実施計画の認定申請等に関する命令(平成24年内閣府・経済産業省令第5号) 沖縄振興特別措置法第六十六条第五項の規定により読み替えて適用される中小企業等経営強化法第二十条第一項第一号に規定する内閣府令・経済産業省令

[PDF]

第1条 この法人は、公益財団法人東京観光財団と称する。 (務所) 第2条 この法人は、主たる務所を 東京都新宿区に置く。 第2章 目的及び業 (目的) 第3条 この法人は、東京都民の英知によって育まれた産業や技術と東京都が有する歴

そのため「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」(以下、「公益法人認定法」)では、一定の基準を満たす法人に対し、会計監査人を置くことを義務付けています(公益法人認定法第5条第12 号、公益法人認定法施行令第6条)。

(公益認定法18条) (3)公益目的取得財産残額の贈与(公益認定法5条17号) ・公益認定が取り消された公益法人は公益目的で取得した財産の残額を他の公益法人等に贈与する義務がある。 (4)残余財

)第5条第17号に掲げる法人又は地方公共団体に贈与するものとする。 (残余財産の帰属) 第41条 この法人が清算をする場合において有する残余財産は、評議員会の決議を経て、認定法第5条第17号に掲げる法人又は地方公共団体に贈与するものとする。

[PDF]

(3) 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(以下「公益法人認定法」とい う。)第6条第1号に該当する者 (4) 公益法人認定法第6条第1号ロ又はハに該当する刑に処せられる可能性のある罪で起

)には、評議員会の決議を経て、公益目的取得財産残額に相当する額の財産を、当該公益認定の取消しの日又は当該合併の日から1か月以内に、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成18年法律第49号)第5条第17号に掲げる法人又は国

第42条 この法人が清算をする場合において有する残余財産は、評議員会の決議を経て、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第17号に掲げる法人又は国若しくは地方公共団体に贈与するものとする。 第9章 事務局 (設置等)

1 行政庁は、法第八条第二号 (法第十一条第四項 、第二十五条第四項及び一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律 の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成十八年法律第五十号。

)には、社員総会の決議を経て、公益目的取得財産残額に相当する額の財産を、当該公益認定の取消しの日又は当該合併の日から1ヶ月以内に、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(以下「認定法」という。)第5条第 17 号に掲げる法人又は

2.2.1 第1款 公益目的事業の実施等 (第14条~第17条) 2.2.2 第2款 公益目的事業財産 (第18条) 2.2.3 第3款 公益法人の計算等の特則 (第19条~第23条) 2.2.4 第4款 合併等 (第24条~第26条) 2.3 第3節 公益法人の監督 (第27条~第31条) 3 第3章 公益認定等委員会及び都道府県に

[PDF]

(1) 一般法人法第173条第1項において準用する同法第65条第1項各号に掲 げる者。 (2) 公益認定法第6条第1号に掲げる者。 (3) 公益認定法第6条第1項ロに規定する罪又は同号ハに規定する刑に処せられ る可能性のある罪で起訴されている者。

この法人が清算をする場合において有する残余財産は、評議員会の議決を経て、国、地方公共団体又は公益社団・公益財団認定法第5条第17号に掲げる法人であって租税特別措置法第40条第1項に規定する公益法人等に該当する法人に贈与するものとする。

公益目的事業については、公益法人認定法第5条第6号及び第14条の定め(公益目的事業の収入)から、「赤字事業でなければ認定されない」という誤解があるが、必ず(経常収益)-(経常費用)がマイナスでなければならないということはなく、赤字事業で